おかん日記

家事ぐせ&断捨離!片付ける・捨てる・収納のコツまとめ

投稿日:2017年4月21日 更新日:

今の住宅に引っ越してこの夏で2年が経過しようとしていますが、未だに引っ越し当初の「とりあえず」で置いたまま、というものが沢山あります。

押入れにも「とりあえず」で、なんとなく突っ込んでたり、キッチンの引き出しも「とりあえず」な感じ丸出しで、サイズも種類もごちゃっとして毎日「使いにくいな~(--;」と思いつつ、整頓するまで手が回りませんでした。

「とりあえず」の収納だから使いにくく非効率

断捨離 調理器具 ビフォー

断捨離ビフォー

なんとなくは分けてるつもりなのですが、取りたいものがサッと取り出せない、お玉のヘッドが収まり切れていない等の小さなストレスは、少しずつでも着実に溜まって来ていて、見えないもやもやが心を曇らしていました。

何種類か片付け本や家事の本は購入したのですが、私の重いお尻を上げるには至りませんでした。

しかし、今回おさよさんの『家事ぐせ』という本に出会い、ようやくやる気が出ました!

モチベーションを上げる本『家事ぐせ』

断捨離の参考にした本 家事ぐせ

主婦の友社から発行されている本で、1,200円(税別)。

たっぷりの写真と部屋ごとにカテゴリー分けされていて、とても見やすくてイメージしやすかったのが購入の決め手でした。

とてもじゃないけど全部はマネできませんが、「これ早速マネしてみたい!」が沢山あって読んでいるだけでなんだか自分家がどんどんキレイに片付いていくような錯覚に陥ります(笑)

断捨離を映像で学ぶ『住まいのダイエット』

また、ちょうどこの春から始まったテレビのお片付け番組『住まいのダイエット(ABC放送)』を毎週録画して、片付け気分が盛り上がってきていました。
この住まいのダイエット、主に住まいの断捨離に徹底的に取り組むという内容で番組の最後には「こんなに贅肉(無駄なモノ)を抱えていました!!」と家から処分した物の総量を計測しては驚く、というオチ?が用意されています。

さて、何からどう手をつければ良いものか・・・

一人暮らしのワンルームならともかく、家族も増えて部屋数も多いとどこから手をつけるのが正解か分かりません(^^;
そこで「はっ!!そうだ!」と思い出したのが、『家事ぐせ』の前に購入していた『捨て方減らし方ワークブック』という本でした。

これまた、ちょうど先週の放送で、『捨て方減らし方ワークブック』の著者である古堅純子さんが片付けの指南役で出演されており、本で学んだことを映像でさらに分かりやすく解説してもらった形になり、とても参考になりました。

そしてテレビに登場した古堅純子さんが思いがけず明るく元気印の女性だったので、好感が持てました(笑)

しかし番組で残念だったのは30分という短い放送時間だからでしょうが、いくつかの大きなポイントをザザザーっと急ぎ足で紹介されていたので、叶うならばもっと詳細な部分も詳しく放送してほしかったなぁ、と思いました。

断捨離ビギナーにも分かりやすい『捨て方減らし方ワークブック』

断捨離の参考にした本 捨て方ワークブック

これは断捨離ビギナーにもやさしく、1ヶ月かけてちょっとずつ部分ごとに分けて不要なものを捨てて行きましょう、というテキストのような本。
ありがたいことに、巻頭にはアイテムごとに終わった項目をチェックしていけるシートも付いています。

毎日やることがいっぱいだし、まだ子どもも小さいしーってママでも1日1アイテムなら何とかできるかも!って小さなやる気の炎が着くと思うのです。

ですが、逆に「ダーーッ!と短期間に一気にやらないと一ヶ月も集中力が持続しないわっ!」ってタイプの方だったら、1日10アイテムくらいのペースで3日で終わらす!くらいに一気にやってしまう、というのも良いと思います。その辺は臨機応変に。

いずれにせよ、この本には何を基準に物を減らすべきか、その方法が書かれていますので、「もらい物だし・・・」「高かったし・・・」「思い出が・・・」と使わないのに家の大事な収納場所を占拠している物たちを、本当に置いておくべき物か、処分すべきかを判断するガイドになると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
1 2

-おかん日記

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.