美容

脱毛あれこれ~電気シェーバー編

投稿日:2014年9月9日 更新日:

妊娠出産を機に、無駄毛の処理をかなり怠っておりました。

脇だけは若い頃永久脱毛に数回通いまして、何とかまずまずの状態を保っております。
(時折、根性のある毛がにょろっと顔を出しますが(^_^;))

女性にとって無駄毛の処理というのは、永久脱毛でも受けていない限り永遠に付き合って行かなければイケナイ課題です。

若ければ水着になる機会も多く、異性の視線も気になるので尚更大問題なのです。

わたくしも若かりし頃は、安全カミソリに始まり毛抜きやら電気シェーバーやら脱色やら色々試しました。

が、元来色白+毛深い私は、そうでなくても普通に無駄毛が目立ちます。

毛抜きで抜くと赤いポツポツが目立ち、埋没毛が大量に発生します。

カミソリを使うと肌が負けるうえ(毛の断面の)切り口が直角になるせいか、剃り後は青々として「ここ毛の処理しましたー(* ̄∇ ̄)ノ」みたいな状態になる。
しかも、1日(いや、半日くらいかも!)でスグに新たな毛が頭を出し、ちょっと触れるだけで「じょりじょり~!」ってなる。

電気シェーバーも使ってみたけど、剃り残しが多くて全然使えなかった。
(20年以上も前の話だけど・・・)

手足に脱色ってのをしてみたけど、キンキラと太陽光に悪目立ちする!
しかも頭髪同様、手足の毛がプリン状態になり更に目立つ!!

結局、一番お手軽で簡単なカミソリ脱毛を小まめに続けていた若い頃でした。

アラフォーでも脱毛したい!いろんな方法で実験

アラフォーと呼ぶには若干苦しい年頃になった今さらですが、何を思い立ったか
「脱毛したい!」
と、ネットで色々検索したり、今まで脱毛作業にちょっとひと手間加えたりして実験をしてみました。

すると、どうやら今までやって来たお手軽脱毛でも、ちょっとしたコツで結構良い仕上がりになることが判明しました(☆▽☆)

(※あくまでも私が試した結果ですので、成果の出方には個人差があることをご理解下さいませ(^人^;))

<毛抜きで脱毛>
肌を冷やしながら毛を抜くと、脱毛後の赤いブツブツは出にくかったです。
見えないけれども毛が抜ける時って皮膚の中で出血してるって、皮膚科の有名な女医Y先生が本で書いていました。
きっと肌を冷やす事で、皮膚内の炎症を沈めたり毛穴を引き締めて雑菌などの侵入を防ぐことが出来るせいかも知れません。
でも、細い毛などを抜く時は根本からスルッと抜けるというよりもブチッと切れる場合がありました。(毛穴が引き締まってるせいかしら・・・?)
~注意~
眉毛の処理を毛抜きでやると、年をとった時にまぶたが早くからたるみやすくなる、とも聞きます。眉毛の場合、毛抜きでの脱毛は慎重にっ!

<カミソリで脱毛>
男性が髭で使用するように、脱毛時専用のジェルやフォームなどを使用すると剃り後が滑らかでキレイに仕上がります。
もちろん肌荒れ(カミソリ負け)も予防できます。
毛の生え始めの早さは毛抜きよりは早いですが、ボディソープや石鹸で体を洗うついでに剃っていた時よりも若干チクチク度合いが優しい気がします。

<電気シェーバーで脱毛>
今回レビューの高さとお値段の手頃さで、新たに電気シェーバーを買いました。(ブラウンのシルク・エピル LS 5160という商品です。三千円前後だったかな?)

電気シェーバーの画像

昔使っていたシェーバーよりも、性能が高くなってるなーと感じました。(当たり前か・・・(^^;)
シェービング前に何も塗布したり準備が要らない手軽さが良いです。
そして膝などの丸みを帯びた部位でも、肌を傷つける心配が殆どないという安全性は評価できると思います。
仕上がりも腕の細い毛などではとてもキレイに剃り上げてくれました◎

腕の脱毛効果

しかし、やはり脚のたくましい剛毛たちは処理後もぶつぶつとゴマ塩状態で目立ちます。

脚の脱毛効果
※お見苦しい画像で、申し訳ありません(-人-;)

毛事態は、ちゃんと処理はしてくれているんですけどね。
腕に比べて脚は日焼けしにくく、肌が白っぽいので余計に目立つのかもですね(^^;

<パンダの出した結論>
『部位によって脱毛器具は使い分けるべし!』
これに限りますね!(`・∀・´)☆

・・・って、如何だったでしょうか?
ま、たいそうに“実験して分かった!”なんて言ってみたけど、大したお役立ち情報でもなかったかしら?(^_^;)

でも私は無駄毛の処理方法を自分なりに理解・納得してから、小まめに脱毛するようになり、この夏はスカートや短パンも楽しめるようになりました。
ええことや~ん(o^・^o)

いくつになっても、女性としての美意識は持っておきたいですよね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

-美容

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.