おかん日記 消臭

猫糞害対策にアニマルバリア・唐辛子・コーヒー!効果があるのはどれ?

投稿日:2017年1月16日 更新日:

猫の糞害 逃げる猫

戸建てに引っ越してすぐに、野良猫の糞害が始まりました。
直ぐに効果的な猫除け方法を調べまくりましたが、どれも「効果があるのは最初だけ」と言うものが多く・・・

とりあえず最先端の機械やグッズが大好きな夫が選んだのは、音波や光で動物を寄せ付けないという『アニマルバリア』。
設置して1年が経過しました。



猫の糞は強烈に臭い

元々猫が嫌いというわけではなく、むしろカワイイとすら思っていたのですが、あの強烈な糞の悪臭を嗅いだ時から“無理な動物”と化しました。

猫の糞は、砂をかけても土に埋めても強烈に、そしてしつこく臭います。

猫除け対策①:声と態度で威嚇して、危険と思わせる

まず私がやったのは、庭や駐車場で野良猫と遭遇するたびに
「こらっ!!」
と、大声を出して追いかける、という最も原始的な方法。

個体差はありますが臆病な猫だと数回そのような状況に遭遇するだけで
「この家は危険」
と判断し、寄り付かなくなる場合もあるそうです。

しかし、残念ながらウチに来る野良猫には効果がありませんでした。

猫除け対策②:ソーラー式アニマルバリア

アニマルバリア

こちらは猫に限らず、ネズミやカラスなども含む様々な生き物に対して有効な超音波+強い光のフラッシュで寄せ付けない、というマシン。
購入前にレビューを見て効果が期待できると思ったので、いきなり4個(17,280円)をまとめ買いしました。

超音波のとどく範囲や、撃退したい動物の種類を2つのつまみで選択できます。
本体の裏に充電池が入っており、日中に日差しの当たる場所に設置することで蓄電されるシステムのようです。

約1年間設置してみましたが、糞害は0にはなりませんでした。

また、気づけば設置した4台のうち2台は稼働していませんでした。
電池蓋を開けてみたら、液漏れをおこしておりました。

電池の液漏れの原因は・高温多湿・落下などによる衝撃・過充電・過放電・長期間の保管など、様々な要因がありますが、普通に使用していただけなのに何故2台だけが液漏れを起こしたのか不可解でした。

そこで改めて説明書を読んでみると、『完全防水ではありません』の文字。

うそやーーーんっっ!!Σ(@□@;)
当然のごとく、屋外で使用するものなのに何故防水ではない?
しかも販売ページにも“防水構造で雨天も使用可能”としっかり明記されているのに・・・

一度説明書を探し出して、製造元へ問い合わせしてみようと思います(T△T)

猫除け対策③:唐辛子ばら撒き作戦

猫の糞害対策:とうがらし

畑の害虫被害にも安全に使用できると言われている“とうがらし”。

唐辛子の刺激臭も猫が嫌がりそうですし、ましてやうっかり唐辛子を踏んづけたりしたら肉球ピリピリしそうだし、「定期的に散布して猫除けに成功している」という書き込みも見ました。

ねこの糞害:唐辛子成分表

とうがらしと言っても、100均には粉末のものと実のまんまのものがあったのですが、粉末の方は30gなのに対し実のままの方は40g入っていたので多い方を購入。
成分はもちろん100%唐辛子。
予想通りの中国産。

ねこの糞害:唐辛子をカット

広範囲に散布したいので書類を切り刻む用のハサミで、とうがらしを切り刻んでみました。

作業中から微細な成分が飛び散るのか、鼻の奥やのどが痛くなってきたのでマスクを着用しながらの作業。

また、作業中にうっかり唐辛子を触っていた手で目を掻いてしまったので悲劇!!
「ぎゃーーーっ!!目が痛いーーっ!!」

くれぐれもお気を付け下さい(_ _。)

ねこの糞害:とうがらし散布

何とか無事に3袋を粉砕し、いよいよ庭に撒きました。
いつも猫を見かける場所、実際に糞をされたことのある場所、今後糞をされそうな柔らかな土のあたり・・・

うーん・・・3袋では足りない気がする(-゛-;)

猫除け対策④:コーヒーの豆の散布

猫はコーヒーの臭いも嫌がる、という情報から、使用後のコーヒー豆(出がらし)を唐辛子と並行して散布するようになりました。

1杯ずつドリップするタイプのコーヒーを愛飲しているので1度に散布できる量は少ないのですが、毎日新しい出がらしを散布できるので香りが残りやすいかとも思います。

唐辛子もコーヒー豆の出がらしも食品なので、庭の土や芝、木などへの影響も少なくて済むと思います◎

猫の糞害にコーヒー豆の出がらし

唐辛子とコーヒー豆を撒いてから約2週間後

野良猫を庭で見かけなくなりました。
糞害もなくなりました。

今までも糞害は“毎日”だった訳ではないので本当に唐辛子とコーヒー豆での猫除け効果なのかは分かりませんが、少なくとも今の段階では猫を寄せ付けていません。

実施を継続し、改めて1か月後、半年後などのご報告が出来れば、と考えています。

迷惑な害獣、極力傷つけずに寄せ付けない方法を今後も模索し続けようと思います。



-おかん日記, , 消臭

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.