アンチエイジング

保湿クリームの選び方は部位で選ぶのもあり

投稿日:2017年11月29日 更新日:

冬本番になってきた今日この頃ですが、肌の荒れやすい人にとっては、嫌な季節になります。

そんな人には、クリームを使って肌荒れを防ぐために開発されたのが、保湿クリームとなります。

そのクリームですが、いろいろな種類が巷には出ており、選定に苦慮する人も多いかと思います。そこで、その保湿クリームの選び方を説明します。このクリームといってもいろいろあるので、この中から自分にあったクリームを選ぼうとすると並大抵では、見つけることができません。

そこで、やはり専門家の意見を取り入れながら、選ぶのが一番下と思います。ただ、専門家といえども、あなたの肌を長年見ていることはできないので、そこは自分の判断も必要になります。この自分にあったクリームを見つけ出すか見つけ出せないかで、今後、そのクリームのあり方が変わるかと思います。

保湿クリームを使い分けると効果的

まずは、あなたの各部に対して、それぞれあったクリームというのがあるのです。

例えば、手足が乾燥するのであれば、ワセリンや馬油でもいいのでしょう。

これらは、肌に優しので、子供や老人におすすめです。顔などの乾燥を防ぐ保湿クリームを使うときには、ビタミン入のものを使うといいでしょう。

ビタミンAは弾力のある肌に、そして、ビタミンEは、老化を防止します。また、みずみずしい肌にしてくれるコラーゲンや、保水力のあるヒアルロン酸、肌の防御を高めるセラミドなどあります。このようにして、自分に必要だと思われる成分をあらかじめ分析をしておいてから、専門家のアドバイスをお聞きになるとより一層、あなたの肌を守ってくれる保湿クリームに出会うことができるかと思います。

選び方に正解はありませんので、トライアルセットに含まれてる保湿クリームを使ってみるのもいいでしょうし、いろんなのを使ってるとだんだん成分ごとの特徴とかもわかってくるのかなと期待しています。トライアルセットのランキングなどを見ると参考になるかもしれません。

オールインワンタイプもありますが、ラインの一つに保湿機能があるクリームを入れるのか、こういった一つでいろんな役割をしてくれるのを選ぶかも迷うところです。

保湿クリームは乾燥が進んでる肌には必須

保湿クリームを調べるとたくさんあります。色々な会社がだしているからです。

人それぞれ合う合わないがあるものです。試供品を最初に使って合うようなら使い続けるといいです。ネットの口コミも参考にはなりますが自分に絶対合っているという保証はどこにもないのです。私は保湿クリームではないですが一度リップクリームで評判が良かった会社を使ってみたことがあります。

荒れて皮膚科に行って薬をもらう羽目になりました。そういうものなのです。絶対に誰にも効くという物はないのです。ネットの口コミはあくまでも人の意見なのです。自分自身の体質に合っているかは使ってみて初めて分かる事です。保湿クリームは一年中でています。今の季節が一番売れますが今はエアコンの関係で肌が一年中かさかさになる人が結構いるのです。本当は扇風機が一番良いのです。でも近年の気候では熱中症になってしまう可能性があるのでそれは仕方のない事とも言えます。

自分に合った保湿クリーム保湿クリームの種類がありすぎて迷う人も多いです。ありとあらゆるニーズに応えられるように年々増えてきているのです。最近ではメンズ専用の化粧品を扱う通販会社も多いです。でもクリームぐらいは昔から男の人でもつけている人は結構いるのです。人である限り肌の荒れは男女問わずあるのです。それなりに手入れしていないと肌が荒れてしまうものなのです。自分に合うクリームを使わないと逆に乾燥がひどくなってしまいます。私がそうでした。購入したクリームが合わなくて一年中乾燥していました。

今までの経験からしても、合わない可能性は否定できません。最近よくみかけるオールインワンゲルですが、個人的には、こういうタイプが好きになってきました。
同じラインでも化粧水は大丈夫だけど、美容液が肌に合わないということがあったからです。オールインワンゲルなら、それさえあえば後は楽ですからね。
大人ニキビも改善の兆しがないけど、これも乾燥肌と関係しているのかな。敏感肌という自覚はありませんでしたが、どうもそうかもしれません。

市販の保湿クリームより皮膚科で薬をもらったほうが効果的なケース

お肌の乾燥は、夏よりも空気の乾燥が気になる冬が本番です。巷には、保湿クリームがあふれています。

その中から自分に合うクリームを選ぶのは大変な作業です。パッケージを見て成分を読み上げても、いったい何がいいのか分からないことが多いのです。

成分には医療品に使われている成分のものたとえば、ビタミンA、ビタミンE、尿素、へパリン類似成分などです。これらの成分は医療用に使われていて効果が証明されています。

ビタミンAは新陳代謝を高め乾燥と角質を改善する働きがあります。多くの製品に含まれている成分です。尿素なども角質の状態を良くする成分です。

市販の保湿クリームでの改善また、最近良く聞く医薬品以外成分といわれるものがあります。

この中には、コラーゲン、スクワラン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどがあります。肌の成分に近いものや、肌の水分を保つための働きをするものが多いのです。

ほかにも、天然成分であるハーブや植物抽出物や天然植物エキスがあります。民間薬として昔から使用されている物が多く、肌の炎症を抑えたり潤いを保つ効果があります。医薬品やコラーゲン、スクワランなどの医薬以外を含むものよりも植物抽出物や天然植物エキスを使用している物のほうが値段が安いものが多くなっているようです。

軽度の乾燥肌の場合は、市販されている保湿クリームで改善することが出来ますが、だんだんと症状が悪化し、ひび割れを繰り返す用になってしまった場合は、皮膚科で薬を処方してもらうほうが早く治る近道です。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

-アンチエイジング

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.