次男

支援級で過ごす次男が作った「おししかめん」が秀逸で高額

投稿日:2017年1月27日 更新日:

学校での殆どの時間を支援級で過ごす次男は、毎日色んな物を作って来ます。
ネットで無料配布されているペーパークラフトや、空き箱で紙相撲のゲーム、段ボールで特大の家なども作ってくることもあります。

先日持ち帰って来たのが『おししかめん』という手作りの本。

天才?手作り本

色紙で作った全4ページのマンガ・・・いや、絵本?

表紙には“おししかめん”という本の題名の他に“4500円”の表記。

“4500円おししかめん”という題名の本なのか、この本の定価が4500円なのか?

定価4500円の本だとしたら、えらい高い価格設定・・・(--;
一生懸命作ったのは分かるけど、ちーとばかり高すぎやしませんか?



おししかめんとは?

『おししかめん』というのは、ドラえもんのお話の中に出てくる架空の漫画キャラクターであり、正しくは『オシシ仮面』と書きます。
ドラえもんの作品内で登場する月刊少年誌に連載されている人気漫画“ライオン仮面”の弟として登場するヒーローだそうです。
※参考:wikipedia「ライオン仮面」

天才?オシシ仮面

 

想像以上に凝った本の作り

次男が作った本の中を開いてみると、直接書き込んでいるイラストと貼り絵になっているイラストがあり、なかなか凝った作りになっています。

天才?本の中身

貼り絵のオシシ仮面なんかは、特に頭頂部の辺りが細かく切られていて次男の頑張りが表れています。
立体的な感じに仕上がっていて、とてもイキイキとして迫力があるじゃないですか!(←親ばか)

頭頂部のツノのような細かい描写は『炎』だそうです。
このような独特な絵の表現の仕方が、次男らしくて私は大好きです。

登場人物とストーリー

この本には文字はページの表記以外の文字は一切書かれておらず、全ページがオシシ仮面とその他のキャラクター(?)などが描かれているシンプルなものです。

天才?最終ページ

ストーリー性も大人の目から見たら読み取れません。
もしかしたら、息子なりに何らかのお話として作ったのかも知れませんが・・・(^^;
息子が帰ってきたら、一度聞いてみようと思います。

驚愕!連載だった

最終ページをよーく見てみたら、隅っこに「2月ごうにつづく」の文字が!!

天才?2月号へつづく

まさかの連載ものでした!!

こ、これは・・・ひたすら息子の描く色々なバージョンのオシシ仮面を見せられるだけ、という連載ではないかと予想されるのですが・・・
しかも各号4,500円だとしたら、とても継続して買い続けることは出来ません!(;▽;)

4,500円という高額な理由

とっても手が込んでいて可愛い本なのですが、それにしても4,500円という価格設定はどうかと思っていたのですが、主人に話を聞いてびっくりしました。
4,500円という価格に覚えのあった主人が次男に聞いたところ、たくらみを全て話してくれたそうです。

実は次男が今夢中になっているカードゲームのカード(1パック5枚入り)のボックス(30パックのセット販売)の価格が4,500円前後らしく、どうやら次男はこの手作り本を誰かに買ってもらい、それを元手に新しいボックスを買いたかったというのです。

かしこっっ!!Σ(@□@;)ノノ”

なんて賢いんだろう!
どうやったら欲しいものが買えるか、息子なりに一生懸命考えて工夫をした結果だったのです。

自閉症でありながらも、息子が少しずつですが確実に成長し生きる力を身に着けていると感じました。
ありがたいことです(^人^)



-次男

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.