次男 遊具

復活!トランポリン・・・でも

投稿日:2014年11月16日 更新日:

161103-toranporin

我が家にはエネルギーの有り余った男の子がいまして・・・

狭い部屋にジャングルジム、鉄棒、トランポリン、ブランコなど、様々な遊具がひしめいております(^^;

軽度自閉症を持つ次男の療育のために、長男の体力づくりのために、と色々思いつく事は、出来るだけチャレンジしてみるわけです。

しかし、数ヶ月前からトランポリンの周囲のバネ部分を覆っているビニールのカバーが破れ、さらにそれを次男が引っ張り引きちぎり・・・

危なくてとても出しておける状態ではありませんでした。



トランポリンの“交換用カバー”という品名で、送料込みで1,000円で購入できました!

あきらめて本体を折りたたみ、ひっそりとおもちゃ部屋の隅に追いやっていました。

それが、先日の楽天セールの際、ふと思いついて検索してみると・・・

ありました!!

カバーだけの単体販売♪

注文から商品到着まで、すごく早かったです。

すぐに仕舞い込んだ本体を取り出し、セッティンっ!

元々の商品がカバーと本体がバラバラになったものをセットする仕様なので、簡単に装着できました。

久々に登場したトランポリン。

さぞ子供たちは喜ぶだろう♪と期待しましたが、長男が少し遊んだくらいで、部屋のど真ん中で陣取っている割に誰にも遊んでもらえないという悲しい現状に、母はがっかり・・・(T。T)とほほ

一番最初に購入したトランポリンは、本当にシンプルなトランポリンでした。

しかし、跳ねる面積の小ささを考えると、跳ね上がった時の不安定さは否めませんでした。

しばらくして目に付いた人気ブロガーさんの記事で、手すり付きのトランポリンが販売されていることを知りました。

トランポリン、即、買い替え~♪

予想通り、手すりが付いているだけでうんとジャンプが安定するし、手すりに力がこもるので更に高く跳ね上がる事が出来るので、子ども達には大好評でした。

・・・とは言え、さすがに毎日部屋の真ん中に出していると、新鮮さも何もなくなるのは正直避けられません。

しばらくすると、トランポリンを椅子のようにして、子ども達が座ってゲームをしていたり・・・(--;

登校前にトランポリンで遊んでから行くと、落ち着いて授業を受けられる、とか、多動が抑えられるなどといった改善報告を読み、期待していたのですが、まだ正直わが子では実感がありません(^^;

ただ親子で体を使って遊ぶきっかけになったり、お友達が遊びに来てくれた時に喜ばれるのは間違いないです。

無駄な買い物になった、とは思いませんが、もう少しゆったり遊具の部屋としていろんな遊具を出しておける場所が確保できれば、子供のクールダウンの場所としても悪くないのではないかと思います。

ずいぶん癇癪を起こす回数も時間も減ってきた次男ですが、今では「キーッ!」となると自分から場所を移して勝手にクールダウンして戻ってきます。
そんな時のために、自由に体を動かしたり心を落ち着けることができる場所を作ってやりたいナ、と思うわけです。

良いと思われる物を聞くと買い揃えたり、生活の中で工夫してみたり、出来る限りの事はしてやりたいと思うのは親なら皆同じですよね。

今は目下、小学校入学に向けて持ち物の管理や生活リズムを整える習慣を身につけさせてやるべく、奮闘中です。
色々わかりやすく示してやったり、声がけを頻繁にしなければズルズルと崩れがちなので、簡単ではありませんが、少しずつ出来ることから親である我々も頑張らねば!と思っていますp(*^-^*)q



-次男, 遊具

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.