やせるおかず 健康 美容

やせるおかず『タンドリーチキン風』に挑戦!

投稿日:2016年11月21日 更新日:

やせるおかずタンドリーチキン風見本

「やせるおかず作りおき」より出来上がり見本

話題の『やせるおかず作りおき』(P20)より、鶏手羽元を使用した“タンドリーチキン風”に挑戦!

作りやすさ、味、家族の評判はいかに!?



そもそも『タンドリーチキン』とは何ぞ?

本場タンドリーチキン

画像は、クックパッドよりお借りしました

タンドリーチキンとは、パンジャーブ地方に伝わるインド料理で鶏肉を串に刺してタンドゥールと呼ばれる壷窯で焼いたものであり、インドの定番料理のひとつです。
どうやら、香辛料の色なのか本物はもっと赤みを帯びているようです。

ヨーグルト、塩コショウ、香辛料に半日ほど漬け込んだあとで香ばしく焼き上げるのが本来の調理方法のようですが、レシピ本では“タンドリー風”というだけあってヨーグルトやカレー粉などには漬け込みますが、10分後には電子レンジで火を通します。

 

A5サイズの本。材料・工程は少なめで簡単!

コチラのレシピ本全体に共通していることなのですが、山ほどの調味料や材料を使用していないのです。
本自体がA5サイズと小さ目なのですが、中の文字数も多くないのです。
半分は写真。だから分かりやすいし、お料理上手でない私にも「私でも出来るかも」と思わせてくれます。

また、基本的にどの料理も工程は3つ以下。

中には“ゆで卵+α”みたいな「え?これがレシピとして載る?」と思えるようなモノもありますが、とにかく作業工程もシンプルに、簡略化された手順で簡単に作れるというのは大変ありがたいですし、「作ってみようかな」と思える第一歩になります。

料理工程はどれも基本的に3つ以下

今回の『タンドリーチキン風』も、工程は3つ。

1、つつく
2、混ぜる
3.加熱(しかもレンチン!)

買ってきたのは、鶏の手羽元のみ!あとは全部家にある材料で作れました。カレー粉が家に奇跡的にあったのには、自分でもびっくり!(賞味期限が怪しいのですが・・・)

とにかく簡単だし、材料が少ないのであっという間にレンジへ入れて「チン!」。それまでの間に、さらにもう一品!
いつもは手際の悪い私でも、このレシピ本通りなら(材料さえ揃っていれば)ちゃちゃっと30分調理で夕飯が仕上がるかも♪
すごく良いかも~(*^m^*

やせるおかずタンドリ-チキン風

電子レンジで加熱した後

電子レンジから取り出したチキンはやや水っぽく、見本のチキンよりもカレーの色味が薄く感じました。

あれ?大丈夫なのか~・・・?
なんだか味が薄そう・・・(不安)

いざ食卓へ!家族の反応はいかに?!

本来は出来上がったチキンに『ドライパセリ』を降りかけるのですが、無かったので“ハーブソルト”を代用。全然問題なかったですし、むしろ香りが立ったし軽い塩っ気も男衆には食べヨカッタかも♪

やせるおかずタンドリーチキン風食卓

子ども達に出す前に、旦那に毒味をしてもらいました(笑)

「うん!!美味しい!これは子どもら喜ぶで♪」

おぉ!正直かなり不安な仕上がりだったのですが、旦那のお墨付きをもらえたので自信をもって子ども達(小学生)にも出しました。

goodの手

美味しい、美味しいと皆よく食べてくれました。

手羽元を使用する時に、いつも悩まされる事

ただ、いつも手羽元の料理の際に困るのですが、しっかり火は通したはずなのに骨から出血してたり、骨のそばの肉が赤く(ピンクに)仕上がってしまう事。

子ども達も「これは大丈夫なの?・・・」と不安げ。

「大丈夫!これはいくら火を通しても赤色は取れないものやの!」
とは言いつつも、実は私もずっと不安でした。

なので、あまり手羽元は積極的に料理に使わず、手羽先を選んでいました。

しかし、よい機会なので「手羽元料理をする時に出る血」について調べてみました。

手羽元

手羽元料理の肉に付着している血は危ない?!

結論から言うと、肉の部分が焼けて白くなっていれば骨の周りに残った血(骨髄液)が口に入っても、絶対食あたりを起こしたりはしないようです。

鶏は豚や牛よりも骨組織がもろいので骨の内側の液(骨髄液)が加熱することにより染み出てくる事があります。骨髄液は加熱しても血液のように変色しにくい為、それを見て「生焼け」と思われがちですが、衛生上は全く問題がないようです。
(本当の生焼けによる血液だと、お腹が痛くなると思いますので気を付けて!)

手羽元料理の骨髄液が気になる場合の下処理

衛生上問題ないとわかっていても、血液と同じ色が付着した肉を食べるのは抵抗がある、という場合は、調理する前に下ゆでをしておけば良いそうです。揚げ物をする場合なら、加熱時間の短縮になるので一石二鳥!

1、5~10分下ゆでをする
2、出てきた血合いや骨髄液をきれいに水で洗い流す

<注意!>
1の下ゆでの際は、必ず沸騰したお湯に手羽元を入れて下さい。
水から入れてしまうと、旨味も流れ出てしまうそうです!(><;

男性・子どもにも受けるポイント

ヨーグルトに漬けこんで焼く、という工程を見てさっぱりした味をイメージしていましたが、使用するのが手羽元だったのもあり予想以上にジューシーだったし、カレー味というのも男子・子ども受けが良かった要因かも知れません。

骨付き肉を使う事で食べるのに時間がかかる=早食い防止になる、という説明付きだったのですが、子ども達にはもも肉とかの方がガツガツ食べられてヨカッタかな?と思いました。何しろ両手でつかんで食べる上、脂でギトギトになった指先は目にも止まらぬ動きで服で拭かれてしまうので、すかさずウェッティを出さないといけませんし(^^;

何よりも、こんなに簡単にこんなに美味しい料理が作れたことが嬉しいですし、家族が「美味しい!」と食べてくれたのもすごく嬉しかったです。
今度はもも肉とか手羽先でも作ってみたい、と思いました◎

やせるおかず『タンドリー風チキン』もも肉で作ってみたレポートです



-やせるおかず, 健康, 美容

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.