やせるおかず 健康 美容

やせるおかず『鶏団子と白菜のもんでチン!』作ってみました

投稿日:2016年11月24日 更新日:

やせるおかず鶏団子の見本

『やせるおかず』P19掲載

このレシピ本を見て、一番「美味しそう♪」と思ったのがこの『鶏団子と白菜のもんでチン!』でした。

あっさりの鶏ひき肉を使っての団子に、くったりとした白菜と透き通ったスープ。
絶対美味しいって!

材料も工程もやはり控えめで嬉しい♪

材料は鶏ひき肉と白菜、細ねぎ。
調味料にしょうが汁、塩。以上!

やせるおかず鶏団子の材料

調理方法は、今回もやはりレンチン♪
レンチンでも立派な料理が仕上がる事を学んだ私は、電子レンジでの調理をもう疑いませんでした。

白菜の量がレシピよりやや多めになってしまったけど、問題ないかな?と勝手な判断で続行しました。

スプーンで団子状に丸める作業

レシピ本には“団子状にする”としか書かれていない為、手で丸めたら早いのだろうけど、衛生面が気になったのでスプーンを2本使って団子作り。

やせるおかず鶏団子の加熱前

団子のサイズがレシピ本に書かれていなかったのですが、計量スプーンの小さじを使ったのでやや小さめの団子12個が作れました。
今回のレシピで一番面倒だった作業です(^^;

ふんわりラップをして5分加熱・・・

やせるおかず鶏団子加熱後

レシピ通りに5分加熱したけど、見事に生のまま仕上がってしまいました・・・。

“ふんわり”のラップを“ぴっちり”し直して、さらに3分加熱し直し。

やせるおかず鶏団子再加熱

ようやく、中まで火が通ったようです(^。^;ほっ

念のため、お団子を1つ半分に割って試食。

・・・・っん?!薄っ!ボソボソっ!

今まで作ったどの料理も、基本的にはレシピ通りの分量で普通に美味しいと感じたのですが、今回はかなり味が薄いです。白菜の量がレシピよりもやや多めだったせいもあるかも知れませんが、納得するレベルに達するまで思った以上の調味料の量を使用しました。

また、鶏団子がしょうが汁と少しの塩だけで丸めたものなので、パッサパサ!これはちょっといただけませんでした。今回はもう仕方ないのですが、次回作る時は刻んだネギやにんにく・しょうがなども加えて、ふんわり団子と行きたいですな。

改めて本のレビューを見返すと、中にはやはり「味が薄い」と言う意見もありました。
健康の事を考えたら、塩分の摂取過剰は良くないし薄味が体の為には良いのだと思うのですが、それ以前に家族が食べてくれないと・・・(^^;ね。

 

それぞれの家庭の味でアレンジ、が正解!

やせるおかず鶏団子完成

結局、私は塩・しょうゆなどを加えた後、水溶き片栗粉でゆるめのあんかけに仕上げました。
だって、あんまりにも団子がぱさぱさなんですもの・・・

息子評:「まずくは無いけど・・・なんか・・・うん」

と、とても言いずらそうに苦笑いをしてました。

本のレビューでも書いている人がいましたが、レシピはあくまでも基本。
味見して「あれ?」と思ったら、それぞれのご家庭の好みに応じてアレンジを加えると家族みんなで美味しく食べられるメニューになるよ、という事でどうでしょうか。

もちろん、レシピ通りでも家族に喜ばれる料理は沢山載っています。
現に、我が家でも難癖ついたのは、今回が初めてでしたし。むしろ、レシピ通りでもこんなに口に合わないモノもあるんだなー、と意外性すら感じました。
あくまでも私と家族の個人的な意見なので、参考程度にしてくださいねー。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で

-やせるおかず, 健康, 美容

Copyright© おかんは気まぐれ , 2018 AllRights Reserved.